スキルアップのために医療職の特徴を知って転職しよう

仕事の特徴を職種別に見ていこう!

仕事の特徴を職種別に見ていこう!

生活している中で係わることの多い医療。その医療分野のいろいろな職種に注目してみましょう。ここでは3つの仕事について、その業務内容と特徴などをまとめました。1つ目は、日勤や夜勤などの勤務体制に特徴のある看護師です。2つ目は、勤務する職場によって仕事内容が変化する薬剤師。3つ目は、日常的な動作のリハビリと患者への接し方に重点を置く作業療法士について詳しく解説していきます。それぞれの職種ごとに特徴を理解し、医療関連の仕事へ関心を深めてみましょう。

  • 日勤だけではなく夜勤もある看護師

    看護師の働き方の特徴は、日勤だけではなく夜勤もあることです。患者に合わせた対応は日勤の場合、まず夜勤の情報共有を行なってから患者の治療にあたります。主に医師からの指示によって動くことになりますが、随時行う患者への細かい対応は看護師の役割でもあります。さらに夜勤では、消灯までの対応と夜中の緊急対応に備えなければなりません。また、病棟で異なる仕事内容に対して、順応性が求められます。勤務体制に特徴がある、看護師の仕事について詳しくお伝えします。

  • 職場によって仕事内容が大きく変化する薬剤師

    薬剤師は、医師の処方せんに基づいて行なわれる薬学を活かした仕事です。この職種の特徴は、勤務先によっても業務内容が大きく変化することです。調剤薬局や病院などでは、服薬指導や薬歴管理が中心になります。患者に合わせた薬物療法の方針も考えなくてはいけません。製薬会社では、医薬品の情報や臨床開発、治験コーディネーターとしての仕事もあり、ドラッグストアでは調剤や販売業務も行ないます。さらに研究職や薬事行政に就く場合もあるため、働く職場によって幅広い知識が求められるのです。

  • 日常動作のリハビリを行う作業療法士

    作業療法士の主な仕事は、リハビリを行なうことです。特徴としては、日常生活に必要な機能回復を目指すことと患者の心のサポートです。医療チームの一員として患者をサポートし、個人に合わせたリハビリ計画を立て支援していきます。精神面でのサポートも大切です。リハビリに対して前向きになれるよう、患者に寄り添う意識が必要です。専門的知識を応用しながらリハビリを行なうその目的は、退院したあとも周囲に負担をかけない自立応援プログラムが背景にあります。患者本人や家族の不安軽減のため、重要な役割を担っているのです。

recommend!

  • 転職活動をスムーズに進める方法

    仕事をしながらの転職活動は、なかなか思うように進みません。そんな時は、転職エージェントを利用しましょう。医療職を専門に扱う転職エージェントもあるので、とても便利です。転職活動の心強いサポートが魅力です。 続きはこちら

  • 薬剤師に求められるスキル

    医療には、薬が多く扱われます。その薬を専門に仕事をしているのが、薬剤師です。薬に関する幅広い知識はもちろんのこと、近年ではコミュニケーション力も必要となります。薬剤師に求められるスキルを紹介します。 続きはこちら

  • 日勤だけではなく夜勤もある看護師

    医療に関連する仕事の中でも、とても身近な職種である看護師。この看護師の働き方は日勤が基本ですが、夜勤という働き方があるのが特徴です。病棟勤務の場合は、24時間体制の交代制になります。仕事内容を詳しく紹介します。 続きはこちら

専門性が高く様々な特徴がある医療職

医療職は、社会になくてはならない仕事です。職種も幅が広く、多種多様です。それぞれの職種に特徴があります。その特徴を知り、医療職への理解を深めましょう。専門性が高い医療職だからこそ、転職でのスキルアップも可能なのです。転職に参考となるような様々な情報を紹介します。【お問い合わせ先】