スキルアップのために医療職の特徴を知って転職しよう

職場によって仕事内容が大きく変化する薬剤師

職場によって仕事内容が大きく変化する薬剤師
LINEで送る
Pocket

薬剤師の仕事内容

薬剤師の仕事で中心となるのは、調剤を行なう業務です。もちろん医師の処方せんに基づいて行なわれる重要な仕事でもあり、専門的な知識も必要になります。
薬剤師は、様々な職場で働くことができます。ただし、仕事内容は職場によって変化するのです。そこが、薬剤師と言う職種の特徴です。職場の例として、薬局や製薬会社、病院。さらには、公務員である保健所や厚生労働省が職場になる場合もあります。このように、多様な職場があることから仕事内容が大きく変化することが分かります。

調剤薬局や病院・クリニック

主に調剤薬局勤務が多い薬剤師ですが、業務は医師の処方せんによって行なう調剤業務や服薬指導、薬歴管理です。処方せんの不備確認や薬の飲み合わせチェックなど、患者とのコミュニケーションも大切です。また管理薬剤師の立場となると、正確な医薬品管理も仕事の対象になります。
また病院の場合は、入院患者も多いため病棟専門の薬剤師を雇っていることもあります。また独自の製剤や注射等もあり、個々の患者に合わせた薬物療法方針が必要になります。そのため、時には薬剤師の立場から医師や看護師に投薬についての意見を伝え、医療チームの一員として治療にあたります。病院によっては、各科に専門知識や技能を備えた薬剤師を置くことで、さらに安全性を高めることも実践しています。

製薬会社やドラッグストア

製薬会社での薬剤師の仕事は、多岐に渡ります。医薬品の情報提供や副作用情報をまとめる医薬情報担当者、医薬品情報の管理を行なうDI、製薬会社を補佐する臨床開発モニター、症例登録や症例報告書作成サポートを担当する治験コーディネーターなど、担当する仕事によって内容が変化します。
ドラッグストアでは、一般用医薬品の販売や購入アドバイスが中心で、幅広い知識とコミュニケーション力が求められます。ドラッグストア内には、調剤室が併設されていることもあり、調剤薬局と同じ役割を担うのです。そのため、調剤業務と販売業務の両方の仕事があり、業務の量は当然多くなります。

研究職や行政勤務

薬学部の学生に講義や指導を行ないつつ、大学で自分の研究を行なう研究職もあります。また厚生労働省や都道府県庁で、公務員として薬事行政に携わることもあるのです。そして、保健所においては薬事衛生担当者となる、麻薬取締官として薬物犯罪防止に取り組む場合や薬事情報センターで薬の情報全般を提供する仕事などもあります。このように、働く職場によって求められる知識や技術が大きく変わるのが薬剤師なのです。基本的な薬剤師のスキルは、各職場で持っている技術や知識を応用できるようにしておくことでしょう。

仕事の特徴を職種別に見ていこう!

recommend!

  • 転職活動をスムーズに進める方法

    仕事をしながらの転職活動は、なかなか思うように進みません。そんな時は、転職エージェントを利用しましょう。医療職を専門に扱う転職エージェントもあるので、とても便利です。転職活動の心強いサポートが魅力です。 続きはこちら

  • 薬剤師に求められるスキル

    医療には、薬が多く扱われます。その薬を専門に仕事をしているのが、薬剤師です。薬に関する幅広い知識はもちろんのこと、近年ではコミュニケーション力も必要となります。薬剤師に求められるスキルを紹介します。 続きはこちら

  • 日勤だけではなく夜勤もある看護師

    医療に関連する仕事の中でも、とても身近な職種である看護師。この看護師の働き方は日勤が基本ですが、夜勤という働き方があるのが特徴です。病棟勤務の場合は、24時間体制の交代制になります。仕事内容を詳しく紹介します。 続きはこちら

専門性が高く様々な特徴がある医療職

医療職は、社会になくてはならない仕事です。職種も幅が広く、多種多様です。それぞれの職種に特徴があります。その特徴を知り、医療職への理解を深めましょう。専門性が高い医療職だからこそ、転職でのスキルアップも可能なのです。転職に参考となるような様々な情報を紹介します。【お問い合わせ先】