スキルアップのために医療職の特徴を知って転職しよう

日常動作のリハビリを行う作業療法士

日常動作のリハビリを行う作業療法士
LINEで送る
Pocket

作業療法士の特徴

医療関連の職種には、患者のリハビリを行なう専門家がいます。座る立つなどの基本動作のリハビリを行なう理学療法士で、日常生活を送る上で必要な機能をリハビリによって回復させるのが作業療法士です。
作業療法士は、日常生活に直結する動作、食事をすることや入浴をすることなどのリハビリが主な仕事になります。ケガなどによって身体機能が落ちてしまった場合、日常生活に戻れるようにリハビリ期間を設けて、計画的に治療やサポートを行ないます。最終的には、仕事、趣味、遊びを再度満喫してもらうことが目標となります。そのため患者が意欲的にリハビリに参加できるよう、個人に合わせた応用動作を取り込み、リハビリを計画的に進めていきます。
作業療法士によるリハビリによって、社会的に問題なく日常生活が送られるよう患者の機能回復を目指すと同時に、精神面でのサポートも常時欠かせないのです。このように、作業療法士の仕事は身体機能の回復と精神的なサポートが特徴になります。

作業療法の仕事内容

手術などで入院となった患者は、身体を以前のように動かすためのリハビリが必要になります。しかし、術後すぐに身体を自由には動かせません。医師からの指導で少しずつ機能回復を目指すことになったら、作業療法士の出番です。作業療法士は他動・自動運動、介助運動により、関節や筋肉の使い方や専門的知識を応用しながら患者に指導していきます。そして、退院までに自由に動かせるようにサポートにあたります。働いている方の場合は、職場復帰した際のことも考えてリハビリを計画します。退院後の生活に不安がないように徹底してケアを行なうのです。
リハビリの中でも指を動かす手工芸は非常に効果的で、作品を製作する複雑な運動や力加減が関節回復につながります。この効果は身体機能の改善に期待ができるプロセスでもあり、患者に勧めるリハビリの1つです。このようなリハビリによって、基本生活が問題なく進められるようにサポートをしていきます。食事、排泄、入浴などの動作ができるようになれば、患者の家族にも退院したあとに負担をかけることはありません。この自立応援プログラムがなければ、術後そのまま帰宅しても面倒を見てくれる家族がいなければ、患者本人はとても不安になるでしょう。不安解消のためにも、作業療法士によるリハビリは生活の質を高める目的で注目されています。しっかりと機能回復することで、自主的に公共交通機関などを利用して外出するようになります。作業療法士はここを目指しながら、患者自身に具体的な目標を決めさせ、常にリハビリへの意欲を掻き立てる役割もあるのです。

仕事の特徴を職種別に見ていこう!

recommend!

  • 転職活動をスムーズに進める方法

    仕事をしながらの転職活動は、なかなか思うように進みません。そんな時は、転職エージェントを利用しましょう。医療職を専門に扱う転職エージェントもあるので、とても便利です。転職活動の心強いサポートが魅力です。 続きはこちら

  • 薬剤師に求められるスキル

    医療には、薬が多く扱われます。その薬を専門に仕事をしているのが、薬剤師です。薬に関する幅広い知識はもちろんのこと、近年ではコミュニケーション力も必要となります。薬剤師に求められるスキルを紹介します。 続きはこちら

  • 日勤だけではなく夜勤もある看護師

    医療に関連する仕事の中でも、とても身近な職種である看護師。この看護師の働き方は日勤が基本ですが、夜勤という働き方があるのが特徴です。病棟勤務の場合は、24時間体制の交代制になります。仕事内容を詳しく紹介します。 続きはこちら

専門性が高く様々な特徴がある医療職

医療職は、社会になくてはならない仕事です。職種も幅が広く、多種多様です。それぞれの職種に特徴があります。その特徴を知り、医療職への理解を深めましょう。専門性が高い医療職だからこそ、転職でのスキルアップも可能なのです。転職に参考となるような様々な情報を紹介します。【お問い合わせ先】