スキルアップのために医療職の特徴を知って転職しよう

看護師に求められるスキル

看護師に求められるスキル
LINEで送る
Pocket

看護師に必要なスキル

看護師にとって重要なスキルについて考えてみましょう。ここでは、ハーバード大学のロバート・カッツ教授が考案した「テクニカル・スキル」「ヒューマン・スキル」「コンセプチュアル・スキル」の3つを中心にスキルの内容を確認していきます。この3つは、看護師スキルの特徴とも言えます。3つのスキルを意識し自分のものにしていくことで、看護師としての能力もアップするでしょう。スキルアップすることで、職場から信頼されるようにもなり看護師として成長することができます。

テクニカル・スキル

業務遂行能力とも称される「テクニカル・スキル」。これを習得するためには、基礎看護技術が必要です。基礎看護技術はその名の通り、看護や医療に関する基本的な技術のことです。日々の業務を経験することで技術をより磨いていくことで実践能力がつき、医療現場において必要とされる人物になれます。せっかく看護師免許を取得しているのなら、周囲から信頼を得るためにも、様々な対応力を手に入れる努力をしましょう。大切なのは、習得した基礎看護技術を活かせるスタイルを確立することです。例えば手術直後の観察やドレーン管理、入退院の援助など、サポートをしながら習得と技術の向上を目指すのです。忙しい業務の中にも、目的を明確にしながら、さらなるステップアップを目指して自分の成長を促しましょう。

ヒューマン・スキル

対人関係能力とも称する「ヒューマン・スキル」。看護業務に必要なコミュニケーション力のことです。看護師は、患者と対面した時に、優しく対応する姿勢や不安を解消してあげられる存在でなくてはなりません。担当医師に率直に聞けないことでも看護師として話を聞き、その架け橋となってあげましょう。患者が正しく理解している様子や、医療方針に迷っていないかなどを察知して、適切に治療が進むように最良のサポートをしていく能力が求められます。医療に関する仕事にとっては、とても重要なスキルと言えるでしょう。
医療チームは、コミュニケーションを取ることで統率されます。ここが充実していると、患者の意見を尊重できる余裕が生まれ、自信を持って医療を提供できるのです。医師、看護師などが連携し、患者にとって必要な治療を円滑に進めていくことが、何よりも優先されます。

コンセプチュアル・スキル

問題を解決する能力のことを意味する「コンセプチュアル・スキル」。概念化能力とも言い、問題の本質を見抜く力でもあります。問題が起こった場合に、原因を探り、次に同じ問題が起きないようにするためのリスク軽減策を取れることが重要です。問題の本質をしっかり見極め、患者に負担がかからないようにすることが最善の策になります。
仕事をしていくと、ミスや問題は起こるもの。ただし、常に問題意識を持つことが大切です。解決できることは早めに対処し、問題が大きくならないようにしましょう。常に先を意識することで、リスクにつながる部分を察知し、その時に備えておきましょう。

  • デキる看護師の思考法 問題解決型スキルで看護現場を変革する
  • 看護師に必要なのは、考え方と答えを導く方法論。この書籍ではチーム医療の成功や様々な課題改善に重要なスキルを紹介しています。

求められるスキルを知ろう!

recommend!

  • 転職活動をスムーズに進める方法

    仕事をしながらの転職活動は、なかなか思うように進みません。そんな時は、転職エージェントを利用しましょう。医療職を専門に扱う転職エージェントもあるので、とても便利です。転職活動の心強いサポートが魅力です。 続きはこちら

  • 薬剤師に求められるスキル

    医療には、薬が多く扱われます。その薬を専門に仕事をしているのが、薬剤師です。薬に関する幅広い知識はもちろんのこと、近年ではコミュニケーション力も必要となります。薬剤師に求められるスキルを紹介します。 続きはこちら

  • 日勤だけではなく夜勤もある看護師

    医療に関連する仕事の中でも、とても身近な職種である看護師。この看護師の働き方は日勤が基本ですが、夜勤という働き方があるのが特徴です。病棟勤務の場合は、24時間体制の交代制になります。仕事内容を詳しく紹介します。 続きはこちら

専門性が高く様々な特徴がある医療職

医療職は、社会になくてはならない仕事です。職種も幅が広く、多種多様です。それぞれの職種に特徴があります。その特徴を知り、医療職への理解を深めましょう。専門性が高い医療職だからこそ、転職でのスキルアップも可能なのです。転職に参考となるような様々な情報を紹介します。【お問い合わせ先】