スキルアップのために医療職の特徴を知って転職しよう

作業療法士に求められるスキル

作業療法士に求められるスキル
LINEで送る
Pocket

作業療法士に必要なスキル

患者の立場で気持ちを読み取ることは、医療関係の仕事では特に必要なスキルとなります。リハビリを中心とする作業療法士、理学療法士や言語聴覚士は、現場でのコミュニケーション力も求められ、相手の気持ちを優先して考えて行動することが大切になってきます。理学療法の場合は運動学を主に学び、言語聴覚士の場合は言語と障害に関して学びます。そして、作業療法士に求められるものは、患者の社会復帰を一緒に目指すことにあります。ここで、リハビリを行なう作業療法士に必要なスキルをまとめていきます。

患者をいたわる姿勢

作業療法士は、患者に対する姿勢も考えなくてはなりません。リハビリを行なう医療関係の仕事を担う場合、障害を抱えた患者を担当することがあります。自分の未来が見えなくなっている患者に対して、身体機能を回復させる処置以外にも、本人の気持ちに寄り添うリハビリプログラムが必要になります。患者の気持ちを先に読み取り、前向きにリハビリを行なえるようにスタート地点に立ってもらわなければなりません。そのために、患者と向き合い心のケアを行なった上で、信頼関係を築くことが必須になります。

精神疾患に対する専門的知識

作業療法士は、精神的な障害を持つ患者のリハビリもあり、それぞれに異なる悩みや立場を察知するスキルも重要になります。しかし、自分の経験だけで信頼関係を同じように築けると思うと、時に間違ってしまうこともあります。自信過剰になるのではなく、個人が持っている病気の特性などを把握し、それぞれに合う接し方とリハビリプログラムが必要になります。特にうつ病患者には、ストレートに応援する言葉は逆に良くない場合があり、精神疾患の患者特有の接し方もある程です。そのことを十分理解し信頼関係を作っていきましょう。

リハビリに必要な柔軟な発想力

リハビリを行なう環境を整えることも作業療法士の仕事です。器具などを使い症状が軽減するように対応していきます。指の麻痺で箸が使えない患者には、身体能力の回復以外にも、紐を付属させゴム製品をつけることで滑りにくくしてあげます。結果的に、箸自体の工夫をすることで、その改善にあたります。患者の症状に合わせてリハビリ器具への発想力も重要なスキルなのです。これは、作業療法士の大きな特徴と言えます。
患者の生活に注目するような柔軟な発想力と行動力が求められ、理解力や知識力を深める努力も必要です。作業療法士の仕事は、このようなスキルを持って進められていくのです。

  • ト
  • 作業療法士になろう!
  • 作業療法の仕事の魅力とやりがい、さらには社会性を確認し、主体的な生活に導く作業療法士になれるガイドブックです。

求められるスキルを知ろう!

recommend!

  • 転職活動をスムーズに進める方法

    仕事をしながらの転職活動は、なかなか思うように進みません。そんな時は、転職エージェントを利用しましょう。医療職を専門に扱う転職エージェントもあるので、とても便利です。転職活動の心強いサポートが魅力です。 続きはこちら

  • 薬剤師に求められるスキル

    医療には、薬が多く扱われます。その薬を専門に仕事をしているのが、薬剤師です。薬に関する幅広い知識はもちろんのこと、近年ではコミュニケーション力も必要となります。薬剤師に求められるスキルを紹介します。 続きはこちら

  • 日勤だけではなく夜勤もある看護師

    医療に関連する仕事の中でも、とても身近な職種である看護師。この看護師の働き方は日勤が基本ですが、夜勤という働き方があるのが特徴です。病棟勤務の場合は、24時間体制の交代制になります。仕事内容を詳しく紹介します。 続きはこちら

専門性が高く様々な特徴がある医療職

医療職は、社会になくてはならない仕事です。職種も幅が広く、多種多様です。それぞれの職種に特徴があります。その特徴を知り、医療職への理解を深めましょう。専門性が高い医療職だからこそ、転職でのスキルアップも可能なのです。転職に参考となるような様々な情報を紹介します。【お問い合わせ先】